製品レビュー

低価格なのに高品質!バナジウムたっぷりな「富士山のやすらぎ天然水」

2018.07.17 | バナジウム水, ミネラルウォーター

富士山のやすらぎ天然水

ミネラルウォーター製造工場に11年勤めていた管理人が、さまざまなお水を実際に飲んでレビュー!
美味しさや価格はもちろんのこと、品質や安全面などを総合的に評価します。

今回レビューするのは、富士山麓の山梨県忍野村で採水された地下水を使用する「富士山のやすらぎ天然水」です。
採水地の忍野村は、国の天然記念物や名水百選にも選出された湧水池『忍野八海』を有することで有名な土地で、美しくミネラル豊富な水が湧き出ることが知られています。

また、体の健康をサポートしてくれることで人気を集めているミネラル成分「バナジウム」を豊富に含んでいることが特徴です。

500ml1本あたり48円(税抜)という超リーズナブルな価格で販売され、かつ送料も無料なことから、楽天の通販サイトでは常にミネラルウォーターの売れ筋ランキングで上位に君臨するこの「富士山のやすらぎ天然水」。

こんなに安くて、果たして品質に問題はないのでしょうか…?徹底レビューしていきます!

富士山のやすらぎ天然水 製品情報

富士山のやすらぎ天然水

名称 ナチュラルミネラルウォーター
原材料名 水(深井戸水)
栄養成分
(100ml中)
エネルギー:0kcal
たんぱく質:0g
脂質:0g
炭水化物:0g
ナトリウム:0.44mg
カリウム:0.16mg
マグネシウム:0.52mg
カルシウム:1.4mg
バナジウム 53μg/L
pH値 7.7
硬度 55mg/L
採水地 山梨県南都留郡山中湖村
(工場内に忍野村との境目があります)

ナチュラルミネラルウォーターは人工的にミネラルを添加したり成分を調整したりしていない安全なお水です。そのため、赤ちゃんからお年寄りの方まで誰でも安心して飲むことができます。
硬度が55mg/Lのほどよくミネラルを含む軟水なので、口当たりまろやかで飲みやすく、かつミネラルの補給もしっかりできます。
また、日本では富士山麓と霧島連山で採水されるミネラルウォーターにしか含有されない希少なミネラル成分「バナジウム」がたっぷり含まれていて、そんな貴重な天然水が低価格で買えるのは本当に助かります!

》このお水の詳細・価格はこちら

デザインや耐久性をチェック!

富士山のやすらぎ天然水

まずはペットボトルやキャップ、水の充填量など、製品の品質に問題がないか細かくチェックしていきましょう!

ペットボトルの形状・耐久性

富士山のやすらぎ天然水は、女性やお子さんなど力の弱い方でも簡単に潰すことができる、ほどよい柔らかさのペットボトルを使用しています。

柔らかいとは言っても、最近流行っているエコボトル(いろはすのようなとても柔らかいペットボトルのこと)のように薄すぎることはなく、ほどよい硬さもあるので耐久性に問題はありません。

柔らかすぎるペットボトルでありがちな、「開栓時にボトルが潰れてお水をこぼしてしまった…!」なんてことにはならないので安心です。

富士山のやすらぎ天然水のペットボトルは簡単に潰せるから捨てやすい

柔らかいペットボトルは捨てる時に潰しやすいというメリットがありますが、実はデメリットもあります。

というのも、こう見えてペットボトルには目には見えないほどの小さな穴が開いていて、そこからペットボトルの中へ空気が少しずつ入り込んでしまいます。
そして、その空気が中身のお水に触れると、お水が劣化(酸化)してしまうのです。

ペットボトルが分厚ければ厚いほど空気の侵入を最小限に留めることができますが、薄い作りのエコボトルは空気の侵入が多くなり、その分早く中身のお水が劣化していきます。

固いボトルとエコボトルの違い

富士山のやすらぎ天然水のペットボトルは固いボトルと柔らかいボトルの中間くらいの厚さなので、保存水のように長期保存には適しませんが、賞味期限の1年間はきちんと中のお水の品質を保てる作りになっているので心配いりません!

ラベルデザイン

富士山のやすらぎ天然水のラベル

続いて、ラベルを見ていきましょう!見やすいようにボトルから剥がしました。

富士山のやすらぎ天然水のラベルは黒を基調としたモダンなデザインで、ホテルや旅館においてありそうなカッコいい雰囲気…!

さて、ペットボトルのラベルにはそれぞれ特徴の異なる『ロールラベル』『シュリンクラベル』の2種類があって、富士山のやすらぎ天然水には前者のラベルが採用されています。

ロールラベル シュリンクラベル
ペットボトルに巻きつけてのり付けしたラベルのこと。簡単にできるのでコストがシュリンクラベルよりもかからない。ラベル端にある「▲はがし口」から簡単に剥がすことができる。 熱を加えてラベルを収縮させ、ボトルに密着させる方法のラベルのこと。容器にフィットするため仕上がりが美しいが、コストがかかる。ミシン目を入れてラベルを剥がせるようにしている。

シュリンクラベルはどんな形状のボトルにも密着することができるので、強度が高い包装技術と言われています。
対して、ロールラベルは強度は劣りますが、シュリンクラベルよりも剥がしやすいのでゴミの分別が楽というメリットがあります。

このように、両方のラベルにはそれぞれメリットとデメリットがあるので優劣はつけがたいですが、富士山のやすらぎ天然水は良質なミネラルウォーターを低価格で販売するために、ロールラベルを採用しているようです。

キャップの品質

低価格なミネラルウォーターでよく使用されるキャップと富士山のやすらぎ天然水のキャップの違い

皆さんはミネラルウォーターを飲むとき、「このペットボトルのフタは開けにくいなぁ…」と感じたことはありませんか?

上の写真を見ていただくとわかると思いますが、富士山のやすらぎ天然水のキャップ(左)と低価格なミネラルウォーターのキャップ(右)では高さに違いがあります。

一般的に安価で販売されているミネラルウォーターは、少しでもコストを削減しようとキャップの高さを低くして原材料費を抑えようとします。

しかし、キャップの高さが低いと開ける時に手の力が伝わりにくくなるので、開け締めがしにくくなるというデメリットがあります。

富士山のやすらぎ天然水もとてもリーズナブルな価格帯の商品ですが、その中では珍しく、ちゃんと高さのある開閉しやすいキャップを採用しています。

こんなところからも、富士山のやすらぎ天然水は低価格ながらも品質にこだわって作られているのがわかります!

水の充填の位置

富士山のやすらぎ天然水と一般的なミネラルウォーターのお水の充填位置

中身のお水の鮮度と品質を守るためには、お水の充填位置も重要なポイントになってきます。

店頭に並んでいる様々なミネラルウォーターを見比べてみると、商品によってお水の充填位置が飲み口ギリギリだったり少なかったりとバラバラです。

富士山のやすらぎ天然水は飲み口ギリギリまでお水が充填されていて、「開栓時にこぼしちゃいそうで嫌だなぁ…」と思われてしまうかもしれませんが、実はこれ、お水の品質を保つためになされていることなんです!

というのも、お水は空気に触れると劣化(酸化)してしまう、という話を先ほどもお話したかと思います。

つまり、ペットボトルの中に空気が入っている量が多いほど、お水が空気に触れる面積もその分多くなってしまうので、劣化を早めてしまう=鮮度が早く落ちてしまうんです。

それを防ぐために、富士山のやすらぎ天然水はわざとお水を限界まで充填し、新鮮なままの天然水を届けられるよう工夫されているのです!

体にうれしい健康のサポート役!「バナジウム」を高濃度に含有!

「バナジウム」とは天然水などに含まれるミネラル成分のひとつで、日本では富士山麓と霧島連山の限られた地域の水源にしか含まれない希少な成分です。

そんなバナジウムは生活習慣病の予防やダイエットの手助けになると話題になっていて、主に下記の効果が期待できるといわれています。

  • 生活習慣病・メタボの予防
  • 血糖値・コレステロール値を下げる
  • デトックス効果
  • 脂肪燃焼の促進
  • 熱中症の予防

このように、洋食化が進んで食生活が乱れがちな現代の日本人にとって、体にうれしい作用ががたくさんあるんです!

生活習慣病やメタボの予防の手助けになるバナジウム

では、なぜバナジウムにはこのような効果が期待できるのでしょうか?
それは、バナジウムには糖尿病の治療に使用される「インスリン」と同じ働きがあることが確認されたからなんです。

バナジウムとは、体内でインスリンと同じ働きをする(血糖値を下げる)ため糖尿病治療に有効と考えられ、今多くの研究が行われているミネラルです。
また、バナジウムは体内から有害な毒素や老廃物を排出する働きもあり、コレステロール値を下げる・血圧を下げるなどの効果も期待されています。

【参考】糖尿病の予防・完治に |富士の樹水

上記の通り、バナジウムは健康的な体づくりに役立つ貴重な成分ですが、体内では作り出すことができないため飲食で補っていく必要があります。

富士山のやすらぎ天然水はバナジウムを豊富に含有しているミネラルウォーターなので、生活習慣病やメタボ対策のひとつとしてオススメです!

実際に飲んでみた感想

富士山のやすらぎ天然水を実際に飲んでみた

富士山のやすらぎ天然水は硬度55mg/Lのほどよい数値の軟水のため、口当たりまろやかで大変飲みやすく、サッパリとした後味が特徴です!

硬度が一桁台の“超”軟水のように甘ったるい後味がいつまでも口の中に残ることがなく、クセのない味なので、暑い夏場にグビグビと飲みたくなるミネラルウォーターだと感じました。

富士山のやすらぎ天然水は殺菌のために容易な「加熱処理」ではなく、特殊な超微細フィルターで菌を取り除く「非加熱殺菌処理」を採用しているので、自然本来の豊かな旨味を感じることができます。

この「非加熱殺菌処理」という方法は質の高いミネラルウォーターを製造できるかわりに、大変手間とコストがかかる大変な手法です…。

低価格で販売されている富士山のやすらぎ天然水ですが、本当にこだわり抜いて製造されているんですね…!

まとめ

質の高い富士山の国産ミネラルウォーターを低価格で購入できることから、楽天でも売れ筋ランキングで上位に位置し、大変人気のミネラルウォーターとなっている「富士山のやすらぎ天然水」。

「こんなに安くて本当に品質に問題はないのか…?」という管理人の心配は、全くの杞憂に終わりました(笑)

また、バナジウムを含有するミネラルウォーターでここまで安いというのも、非常に珍しい存在だと思います。

この世には「安かろう悪かろう」ということわざがありますが、富士山のやすらぎ天然水はそれを覆す質の高いミネラルウォーターです!

リーズナブルなお値段なので、飲用水のみにとどまらず、炊飯などのお料理にも臆せずじゃんじゃん使用できるのがうれしいですね!
》このお水の詳細・価格はこちら

評価

総合評価 ★★ 4.25
おいしさ ★★★★
品質 ★★★
オシャレ ★★★
価格 ★★★