お水の知識

モデルのアンミカさんも愛用の美容法!美肌成分「ケイ素」って何だ?

2019.05.28 | 美容, 健康

モデルのアンミカさんも愛用の美容法!美肌成分「ケイ素」って何だ?

2019年3月30日放送のテレビ「メレンゲの気持ち」にゲスト出演した、モデルのアンミカさんが実際に行っている美容法として「ケイ素」を毎日摂取していると紹介していました!

パリコレにも出演経験があり、数々の美容本を出しているアンミカさんですが、そんな彼女がオススメする「ケイ素」っていったい何なんでしょう?

アンミカさんの美しさを支える美肌成分「ケイ素」について、今回は徹底的に調べてみました!

アンミカさんの美の秘訣「ケイ素」とは?

アンミカさんの美の秘訣「ケイ素」とは?

「ケイ素」とは、私たちの体に欠かせない必須ミネラルのひとつです。

「シリカ」または「メタケイ酸」とも呼ばれていて、肌や髪、爪、骨、筋肉、歯などなど…、体のいたるところの健康を維持してくれている大切な成分です。

「ケイ素」を摂ることで得られる具体的な効果は、

  • コラーゲンの生成を促進→ハリ&ツヤのある肌に!
  • 肌の老化を遅らせる→シワ&シミの予防に!
  • 肌の水分量がアップ→乾燥しにくい肌へ!
  • 髪にツヤ&コシが出る
  • 爪が欠けにくく丈夫になる
  • 骨を丈夫にする
  • 硬くなった血管を柔軟にする

などなど、美容と健康に様々なプラス効果が…!

また、肌に直接塗ってもOK!
肌表面をしっとり保湿してキメを整えてくれるので、化粧水や入浴剤にも使用されたりしています。

(ちなみに、ケイ素は厚生労働省の食品衛生法によって『人の健康を損なうおそれのない事が明らかである』と明記されている、安全な成分です。)

「ケイ素」は体内では作り出せない!年齢とともに減少も…

「ケイ素」は、体内では作り出すことのできない成分で、20代をピークにどんどん減少していってしまいます。

生まれた時には1.2g(1,200mg)ほど体内に蓄えることができていたのに、大人になるとその量が毎年0.1mgずつ減っていってしまうという、明確な研究結果も…!
(参考:アメリカ国立衛生研究所 発表論文

そのため、毎日必ず飲食で摂取していくことが大切です。

「ケイ素」の1日の使用量は、成人で10〜40mg程度。

1日の摂取目安量は30mgほどが理想とされています。

「ケイ素」を多く含む食品は?

では、ケイ素を食品で補おうとするとどうなるのでしょうか?
「ケイ素」を多く含む主な食材を、下記にまとめてみました!

食品 ケイ素の含有量(100gあたり)
キビ 500mg
大麦 230mg
じゃがいも 200mg
青のり 62mg
赤かぶ 21mg
とうもろこし 20mg
ひじき 10mg
サラダ菜 7mg
バター 1,6mg

こうして見てみると、ケイ素を多く含む食材の中には少しマニアックなものも…。

これらを毎日計算して食生活に取り入れていくのはちょっと大変です…。

そこで、アンミカさんは「ケイ素」のみを食品から抽出した『umo plus α(ウモプラスアルファ)』という濃縮溶液を利用しているとのこと!

アンミカさんも愛用する水溶性ケイ素『umo plus α(ウモプラスアルファ)』とは?

アンミカさんは効率よく「ケイ素」を体内に取り入れるために、『umo plus α(ウモプラスアルファ)』というケイ素のみを抽出した水溶液を使っていると、テレビ番組内で語っていました!

こちらを、コップ1杯の水(200ml)に10〜30滴ほど入れて飲むのだそう!

味はマグネシウム感が強く、硬水を飲んでいるような重苦い風味になってしまうとのこと…。

でも、多少飲みづらくても、アンミカさんは美容のために毎日続けていらっしゃるんですね!

アンミカさんはこれを飲んでいるおかげか、47歳(2019年現在)になった今でも、一度も白髪染めを必要としたことがないんだとか!

さすがです…!

継続しにくい?『umo plus α(ウモプラスアルファ)』にはデメリットも…

しかし、この『umo plus α』には、デメリットが2点ほど…。

さっそく調べてみたところ、とにかく価格が高くてびっくり!(笑)

500ml入り1本で21,816円(税込)と、ちょっと気軽に手が出せないお値段です…。

さらに、『umo plus α』の1日の摂取目安量は100〜300滴

コップ1杯(約200ml)に対して10~30滴をお入れください”と商品説明に書いてあったので、毎日2リットルもの水と一緒に『umo plus α』を飲まないといけないようです…。

ううん、さすがに毎日はちょっと厳しいかも…。
私はアンミカ姉さんのように、ストイックになりきれません…。

ケイ素入りのミネラルウォーターなら手軽に摂取できる!

しかし、ケイ素の美容効果は、アンミカさんを見ていれば明らか。

もうちょっと手間もお金もかからない方法でケイ素を補給できないか…と、いろいろ調べてみたところ、ケイ素入りのミネラルウォーターが最も手軽であること判明!

ケイ素入りのミネラルウォーターは、「シリカ水」という名前で販売されていることが多く、中には500ml1本だけで1日分のケイ素を補給できるものも!

価格帯もそこまで高くないし、『umo plus α』のようにケイ素を水に溶かす手間もないから楽チンですよね!

私が徹底的にシリカ水について調査した結果、特にオススメだった3つのミネラルウォーターをご紹介します!

オススメのシリカ水(ケイ素入りミネラルウォーター)3選!

飲む温泉水(伊豆・下田 横川温泉)

飲む温泉水 伊豆・下田 横川温泉

温泉地でも有名な伊豆の秘湯を使った、源泉100%のミネラルウォーター。
ケイ素(シリカ)の含有量は世界トップクラスの94mg/L!
毎日これ1本(500ml)を飲むだけで、1日のケイ素の目標摂取量をクリアすることができます!
硬度2mg/Lの超軟水なので、まろやかでとっても飲みやすい!温泉特有の臭いや癖もなく、おいしくいただけます!
名称 ナチュラルミネラルウォーター
原材料名 水(温泉水)
栄養成分
(100ml中)
エネルギー:0kcal
たんぱく質:0g
脂質:0g
炭水化物:0g
ナトリウム:6.9mg(食塩相当量:0.017526g)
カリウム:0.06mg
マグネシウム:0.01mg
カルシウム:0.09mg
シリカ(ケイ素) 94mg/L
pH値 9.6(アルカリイオン水)
硬度 29mg/L
採水地 静岡県下田市横川
価格 3,800円 / 1箱:500ml×24本入り
(1本あたり:約158円)

↓の通販ショップだと価格は最安ではないですが、ポイント還元率が高いので、上手く利用すればお得に購入できるかもです。
>> MGKオンラインショップ:シリカ温泉水「飲む温泉水」 500ml×48本

フィジーウォーター(FIJI Water)

フィジーウォーター(FIJI Water)

シリカ水ブームの火付け役ともなったミネラルウォーター!
かわいいパッケージから、美容に敏感な女性たちの間で人気となったお水です。
シリカの含有量は「飲む温泉水」よりは少ないですが、オシャレだから飲むだけでテンションが上がる!という声も!
硬度が106mg/Lの中硬水なので、軟水を飲み慣れている日本人にとってはちょっと飲みづらいかも。
名称 ナチュラルミネラルウォーター
原材料名 水(鉱泉水)
栄養成分
(100ml中)
エネルギー:0kcal
たんぱく質:0g
脂質:0g
炭水化物:0g
ナトリウム:1.8mg
カリウム:0.5mg
マグネシウム:1.8mg
カルシウム:8.0mg
シリカ(ケイ素) 93mg/L
pH値 7.7
硬度 106mg/L
採水地 FIJI Viti Levu Island
価格 4,800円 / 1箱:500ml×24本入り
(1本あたり:200円)

霧島天然水 のむシリカ

霧島天然水 のむシリカ

ミネラルウォーターの産地としても有名な鹿児島県霧島で採水されたお水。
ケイ素の含有量は最も多く、とにかく「ケイ素をたくさん摂取したい!!」という方にオススメ!
ただ、硬度が130mg/Lと結構高いので、少し重苦い風味がして、飲みづらい印象ががあるかも。
名称 ナチュラルミネラルウォーター
原材料名 水(鉱水)
栄養成分
(100ml中)
エネルギー:0kcal
たんぱく質:0g
脂質:0g
炭水化物:0g
ナトリウム:1.8mg
カリウム:0.57mg
マグネシウム:1.4mg
カルシウム:3.1mg
シリカ(ケイ素) 97mg/L
pH値 6.4
硬度 130mg/L
採水地 宮崎県小林市
価格 4,500円 / 1箱:500ml×24本入り
(1本あたり:約187.5円)
※送料700円が別途かかります。

富士山のおもてなし メタケイ酸7800 製品情報

富士山のおもてなし メタケイ酸7800

温泉地としても有名な伊豆の修善寺の飲める温泉水を使ったミネラルウォーター!
メタケイ酸=シリカのことで、含有量は上記の3つの商品よりは劣るものの、美味しさ・飲みやすさが格段に良いと人気を集めています!
高級感のあるオシャレなデザインから、SNSで話題となっているようです。
名称 ナチュラルミネラルウォーター
原材料名 水(温泉水)
栄養成分
(100ml中)
エネルギー:0kcal
たんぱく質:0g
脂質:0g
炭水化物:0g
ナトリウム:0.96mg
カリウム:0.17mg
マグネシウム:0.47mg
カルシウム:0.97mg
シリカ(ケイ素) 78mg
pH値 7.6
硬度 43.5mg/L
採水地 静岡県伊豆市修善寺
価格 5,184円 / 1箱:440ml×24本入り
(1本あたり:約216円)

まとめ

テレビ「メレンゲの気持ち」を見ていて気になった、「ケイ素」の美容効果。

アンミカさんにとっては、いくつもある美容法の中のひとつに過ぎないかもしれませんが、「アンミカさんのように、いくつになっても若々しくて美しくありたい!」という一心で、ちょっと詳しく調べてみました。

私は上記でご紹介したシリカ水を全て試してみて、今は「飲む温泉水」で落ち着いています。

シリカ水の中でも価格がリーズナブルだったというのが何よりの決め手です。(笑)

あと、毎日飲むものなので、やっぱり飲みやすい方が助かりますしね!(他のシリカ水はちょっと癖が気になって…)

皆さんもケイ素を取り入れた美容法、ぜひ参考にしてみてください!

バナジウム天然水「ふじのみず」

高級温泉水「富士山のおもてなし」

お水の知識