お水の選び方

お水の選び方

本当に安全でおいしいお水を購入するための4ステップ!

ミネラルウォーター選びで迷ったとき、採水地や水質の違い、含まれるミネラル成分などなど、判断するべき情報がたくさんありすぎて何がなんだか分からなくなっちゃいますよね…。

そんな場合でも本当に安全でおいしいお水を購入するためにはどうしたらいいのか、わかりやすいように4つのポイントに分けて解説しちゃいます!

飲料水の4つの種類!同じお水でも全然違う…?

コンビニやスーパーでいつでも手に入るミネラルウォーター。近年の健康志向もあって、お水はダイエットやデトックスに良いと人気になっています。 しかし、皆さんが“ミネラルウォーター”と一括りにしている飲料水には、実は4つの種類があるのはご存知でしたか?

硬度ってなに?軟水と硬水のメリット・デメリット

お水選びの時によく目にする「硬度」という言葉。 市販されているミネラルウォーターは、硬度の数値によって「軟水」と「硬水」の2種類に分類されます。 基本的には日本人には軟水が適しているとされることが多いですが、この2つの水にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

pHとは?知っていると得するお水の性質の違い

お水選びの際、硬度と同じくらいよく目にする「pH(ピーエイチ/ペーハー)」という言葉。水溶液の性質が「酸性」か「アルカリ性」か「中性」かをわかりやすく数字で表したものが「pH値」で、お水の飲用の目的によって適切なpH値は異なってくるんです。

工場の安全性・信頼性が大切!安全なお水を選ぶために

お水選びで意外と重要視されていないのが、工場の生産体制についてです。衛生管理はどうか、マシンや設備に不備がないか、従業員への指導は徹底されているのか…などなど。 いくら原水が良い物であっても、製造過程が適当だと安心して飲めるお水は作れません。